さりげなく散りばめられた 四季を感じる“おもてなし” 和食 竜むら – ニュース&トピックス|チカマチラウンジ

ニュース&トピックス

さりげなく散りばめられた 四季を感じる“おもてなし” 和食 竜むら

公開日:2020年07月29日

2020年7月27日で8周年を迎えたチカマチラウンジ。
8周年記念企画として皆さまにより親近感を持っていただけるよう、お店の「魅力」や「裏話」、スタッフの思いをインタビュー形式で紹介します。

竜むらさんはいつ来てもホッと落ち着ける雰囲気がありますよね。個室があったりするからでしょうか。

店長 そういう部分もあるかもしれませんね。

そのほかにも店内に絵画や掛け軸、生け花などを飾るスペースが設けてあり、そこで季節感を演出したりしているんですよ。たとえば、今は鮎が旬の時期なので壁には「鵜飼い」の絵を飾っています。

ほかにも、新緑に囲まれた金閣寺、泳ぐ鮎、東山魁夷の新緑の樹々の絵など、夏を感じさせるものを飾っています。

鵜飼の絵画【カウンター席に飾られた鵜飼の絵は、岐阜出身の画家、加藤東一のもの】

本当だ、いつもは美味しい料理に夢中になっていて気づきませんでした(笑)

店長 秋は紅葉の嵐山、冬は根菜、といった具合にこまめに変えています。
でも、それでいいんですよ。

「せっかく変えたのに!」と思ったりしないのですか。

店長 なんとなく、居心地がいいなと思っていただければそれが一番です。
お客様に気持ちよくお食事をしていただいて、また来たいと思っていただくためのおもてなしですから。

インタビュー風景【お店の空間づくりについて語る竜むらの店長】

言われてみれば店内に流れる控えめな音楽も、明るすぎない照明も、すべてがちょうどよいバランスだと感じます。

これもさりげない“おもてなし”なのですね!

朝霧の絵画【東山魁夷のリトグラフ。店内4箇所に絵画が飾れている】

店長 この姿勢は茶道に通じるものがあると思っています。もともと懐石は茶の湯の食事です。竜むらは懐石ほど肩肘張ったものではありませんが、料理や空間づくりに一切妥協したくないという思いがあります。

確かに、メイン料理のうなぎ櫃まぶしはもちろん、どの料理も見た目も鮮やかで板前さんの心遣いを感じます。

鮎の絵画【テーブル席に飾られた、夏の風物詩、鮎の絵画】

この季節に特にオススメの一品はなんですか。

店長 夏は旬の鮎を塩焼き、から揚げなどにして提供しています。

また、今年限定の特別メニュー「すっぽん夏盛御膳」は是非召し上がっていただきたいですね。

すっぽん夏盛御膳【10食限定 鰻とすっぽん盛夏三段膳 ランチタイム特別価格 3,500円(税別)】

うなぎとすっぽんの組み合わせって珍しいですね。

店長 特に〆にすっぽんのお出汁をうなぎにかけて食べると元気がでますよ。
昨今の事情を踏まえて、皆さまに少しでも元気になってほしいという思いを込めています。

まとめ

季節感を演出する絵画や掛け軸、生け花

料理や空間づくりに一切妥協なし

今年限定の特別メニュー「すっぽん夏盛御膳」をぜひ

和食 竜むら

和食 竜むら 店舗情報

ジャンル 和食
電話番号 052-551-1133
営業時間 11:00~15:00(L.O. 14:00)
17:00~22:30(L.O. 21:00)
禁煙・喫煙 全席禁煙
その他 店舗詳細情報
チカマチラウンジ フロアマップ
チカマチラウンジ8周年記念 SNSキャンペーン開催中!7月29日(水)~8月31日(月)
チカマチラウンジ8周年記念 WEB特集 店長・スタッフが明かす「ここだけの話」

チカマチラウンジ おすすめショップ