夏といえばキンキンに冷えた樽生ビール!! チカマチラウンジで飲める銘柄一覧 – ニュース&トピックス|チカマチラウンジ

ニュース&トピックス

夏といえばキンキンに冷えた樽生ビール!! チカマチラウンジで飲める銘柄一覧

公開日:2020年07月30日

長引くコロナの影響で外飲みを控えている人は多いと思いますが、そろそろ「家飲みの缶ビールはもう飽きた」と樽生ビールが恋しくなっているのではないでしょうか。

8月に予定されていた名古屋のビアフェスは延期、ビアガーデンだと雨が心配…。名古屋駅近辺で樽生ビールが楽しめるスポットとしてイチオシなのがチカマチラウンジです。

11件の飲食店が軒を連ねているからいろいろなビールが楽しめて、地下だから大雨でも関係なし! どの店でどんな樽生ビールが飲めるのかを紹介します。

キリンビール

今年、11年ぶりにビールのシェアトップになったキリンビール。チカマチラウンジでも最大派閥で5店舗が取り扱っています。

定番の「一番搾り」のほか、国内外のクラフトビールを樽生化した「タップマルシェ」、ライセンス生産の「ハイネケン」など、種類は豊富です。

【ビアバル マ・メゾン】

キリンビールが飲める店舗

イルバンボッチョ 店舗情報はこちら
ハイネケン 500円(税込)

ビアバル マ・メゾン 店舗情報はこちら
一番搾り 520円(税抜)
ハイネケン・エキストラ 580円(税抜)
タップマルシェ 630円(税抜)

竜むら 店舗情報はこちら
一番搾り 600円(税抜)

赤い鳥 店舗情報はこちら
一番搾り 480円(税抜)

そばちょこ 店舗情報はこちら
一番搾り 500円(税込)

アサヒビール

2010年から昨年までビールのシェアトップに君臨していたアサヒ。ビール販売量のうち業務用が約半分を占めるだけあって、外飲みではおなじみのメーカーです。

チカマチラウンジでは、ビール界の王者「スーパードライ」とプレミアムビールの「ドライプレミアム豊醸」を飲むことができます。

【上海湯包小館 名古屋クロスコートタワー店】

アサヒビールが飲める店舗

上海湯包小館 名古屋クロスコートタワー店 店舗情報はこちら
スーパードライ 480円(税抜)

ビアバル マ・メゾン 店舗情報はこちら
ドライプレミアム豊醸 550円(税抜)

羊肉酒場0,19 チカマチラウンジ店 店舗情報はこちら
スーパードライ 490円(税抜)

サントリービール

天然水の採れる地でしかビールづくりをしないというサントリー。チカマチラウンジで味わえるのは、プレモルの愛称でおなじみの「ザ・プレミアム・モルツ」です。

サントリーは缶ビールを樽生風に注げるアイテムを出していますが、きめ細かくクリーミーな本物の神泡をお店で味わってください。

【天ぷら酒場 NAKASHO】

サントリービールが飲める店舗

ビアバル マ・メゾン 店舗情報はこちら
ザ・プレミアム・モルツ マスターズ ドリーム 650円(税抜)
ザ・プレミアム・モルツ・〈香る〉エール 550円(税抜)
ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉 550円(税抜)
ザ・プレミアム・モルツ ハーフ&ハーフ 680円(税抜)

板バ酒バ肴 店舗情報はこちら
ザ・プレミアム・モルツ 580円(税抜)

天ぷら酒場 NAKASHO 店舗情報はこちら
ザ・プレミアム・モルツ 550円(税抜)

スペインバル ビンタエ 店舗情報はこちら
ザ・プレミアム・モルツ 600円(税抜)

サッポロビール

チカマチラウンジでは少数派のサッポロビールですが、看板ブランドの「黒ラベル」と「ヱビス」はちゃんと置いています。

取扱いはそれぞれ1店舗ずつで、ヱビスはビアバル マ・メゾン、黒ラベルはまるは食堂で味わうことができます。ちなみにビアバル マ・メゾンは日本の大手4社全て扱えています。

【まるは食堂 チカマチラウンジ店】

サッポロビールが飲める店舗

ビアバル マ・メゾン 店舗情報はこちら
ヱビス 550円(税抜)

まるは食堂 チカマチラウンジ店 店舗情報はこちら
黒ラベル 610円(税込)

「チカマチラウンジ」×「古代エジプト展」コラボキャンペーン開催!
チカマチラウンジ8周年記念 WEB特集 店長・スタッフが明かす「ここだけの話」

チカマチラウンジ おすすめショップ