大自然の中で過ごすひとり空間。初心者のためのソロキャンプガイド – ニュース&トピックス|チカマチラウンジ

大自然の中で過ごすひとり空間。初心者のためのソロキャンプガイド

公開日:2020年04月01日

外出自粛ムードが広まる今、注目されている「ソロキャンプ」って何?
ソロキャンプの魅力と、キャンプ場、最低限揃えておきたいおすすめのキャンプグッズを駅前アルプススタッフの千葉さんがご紹介!

いまこそ山へ。自由が魅力のソロキャンプ

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、買い物や観光など、人が多い場所へ行くことに抵抗を感じる人が増えています。そんななか、じわじわと人気になっているのが『ソロキャンプ』です。


千葉さん :「キャンプ場は風通しがいい上に、利用者間の距離が保てるので、感染リスクは比較的低くなることから、アウトドア初心者からも注目を集めているんですよ」

ソロキャンプの魅力はなんと言っても自由なところ。普段の喧騒から離れゆっくり流れる時間を過ごせば、心も体もリフレッシュできます。

千葉さん :「本を読むのもよし、アウトドア料理を楽しむのもよし。テレワークが推奨される今では、テントにPCを持ち込み、仕事をしている人もいるみたいですね」

自然のなかでは気分転換もでき、普段よりも仕事がはかどりそうですよね。さらに、テントを持参すれば、プライバシーを守ることもでき、自分の部屋にいるような感覚で過ごせます。
「そうは言っても、どこでソロキャンプをすればいいかわからない」
そんな人に向けて、ソロキャンプ初心者におすすめの山を紹介してもらいました。

絵に描いたような風景、北アルプスの涸沢カール

千葉さん :「オートキャンプ場で手軽に試すのもアリですが、せっかくなら登山の楽しみにも触れて欲しいんです。そこでオススメしたいのが北アルプス穂高岳、長野県側中腹に位置する涸沢(からさわ)カールでのキャンプです」

カールとは『圏谷(けんこく)』を意味し、氷河の侵食作用によって山肌がスプーンで抉り取られたような、お椀のような地形をしている谷を指します。涸沢カールは標高約2,300mに位置し、周囲を囲む稜線は3,000mを超え、最大で約900mの標高差を誇る、日本最大級のカールとして有名なスポットです。初夏から秋にかけてのメインシーズンには、色とりどりのテントが並びます。

千葉さん :「涸沢カールまでは上高地から6時間ほどかかりますが、途中休憩ができるスポットもたくさんあるので、比較的気軽にチャレンジできると思いますよ」

涸沢カールには『涸沢ヒュッテ』と『涸沢小屋』の休憩・宿泊ができる2つの山小屋があります。キャンパーたちはその周りにテントを張り、思い思いの時間を楽しむのです。

千葉さん :「水場が近く、トイレは1回100円で借りることができるため、初心者はいずれかの山小屋の近くに場所をとるようにして、万一の場合に備えておきましょう」

山中を数時間かけて歩きようやくたどり着いた場所にテントを広げて過ごす時間は、自分の力で山を登ったからこそ味わうことのできる特別な時間になるはずです。

荷物は無駄なく、少なく持っていくべき。キャンプグッズのすゝめ

キャンプグッズを選ぶ際に重要なのは、価格の安さだけを見て購入を決めず、使いやすさや重量など自分に合ったものを買うことです。

千葉さん :「迷ったときは店員に相談しましょう。駅前アルプスのスタッフは全員登山やキャンプの知識が豊富なので、具体的にアドバイスができると思いますよ」

最後はキャンプに欠かせないテント・シェラフ・マットからオススメの商品を紹介します。

①テント

(アライテント)トレック ライズ1 / 1~2人用 42,200円(税別)

解放感のある大きな半月型の出入り口を備えたテントです。大きな通気装置と外側にメッシュ加工がしてある出入り口がテント内を換気し、暑い日でも室内に熱がこもりにくく、快適に過ごす事ができます。重量はテント本体、フレーム、シートを入れて1,460gと軽く、コンパクトに収納ができ、持ち運びに便利です。

②シェラフ

(モンベル)ダウンハガー 800#3 /1人用 30,000円(税別)

高品質のダウンを封入した、冬でも充分に暖かく過ごせるほど保温性に優れている寝袋で、夏の高山から冬の低山キャンプまで、一年を通して使うことができます。総重量は573gで収納もコンパクト。暑いときにはファスナーを全開にして掛け布団として使うこともできます。

 

③シェラフマット

(モンベル) フォームパット(ケース付き) /1人用

120cm 4,300円(税別)
150cm 4,800円(税別)
180cm 5,400円(税別)

シェラフの下に敷くスリーピングパットで、耐久性と断熱性に優れた素材を使用しています。全面に施した凹凸のパターンが荷重を分散して高いクッション性を発揮するので、ゴツゴツした地面でも快適に休むことができます。専用ケースに小さく収納でき、テントやシェラフ同様、持ち運びのしやすさも考慮されています。

 

 店舗情報

ジャンル 登山用品専門店
電話番号 052-565-1417
営業時間 平日
10:30~20:00
日・祝
10:30~19:30
※火曜定休
その他 店舗詳細情報
チカマチラウンジ フロアマップ
産地連携キャンペーン 『夏の疲れに、大分からの癒やし かぼす三昧 食欲の秋漫喫フェア!
名古屋駅 昼呑み天国記事一覧

チカマチラウンジ おすすめショップ